ホーム > バイオガソリン(バイオETBE配合)とは
バイオガソリン(バイオETBE配合)とは

バイオETBEを配合したガソリン

バイオガソリンとは、バイオエタノールと石油系ガスであるイソブテンを合成したバイオETBEを、ガソリンに配合したものです。

バイオガソリン(バイオETBE配合)とは

バイオETBE(「エチル・ターシャリー・ブチル・エーテル」の略称)は、エタノールと異なり水分や蒸気圧の管理が必要なく、ガソリンになじみやすい性質を持っているため、ガソリンに7%程度まで混合しても自動車の性能に影響がないことが確認されています。

※品質確保法では、ガソリンの含酸素率の上限値を1.3%(ETBE換算で約7%程度)以下としています。

石油業界(石油連盟加盟各社)では、大気環境に悪影響を及ぼさないこと、車の安全性や実用性能を損なわないことに鑑み、このバイオETBEを配合したガソリンを導入しております。



バイオマス燃料とは(カーボンニュートラルについて) 植物を原料とするバイオマス燃料を燃焼させた場合、二酸化炭素が発生しますが、バイオマス燃料の原料となる植物が、その成長過程で光合成によって大気中の二酸化炭素を吸収しているため、燃焼によって発生する二酸化炭素は、排出量とはみなされません。



ページ先頭へ