ホーム > 導入目標
導入目標

 我が国では、2005年4月に 「京都議定書目標達成計画」が閣議決定され、輸送用燃料に対して、原油換算で年間50万klのバイオマス由来燃料を導入する目標量が設定されました。石油業界では、政府の要請に応えるべく、2010年度に原油換算21万klのバイオ燃料を導入する(バイオエタノールを原料として生産されるバイオETBEをガソリンに配合する)ことを約束し、計画通り目標を達成しました。

 その後、2010年11月に「エネルギー供給構造高度化法」(以下、高度化法)に基づく告示が出され、バイオ燃料の導入が法制化されました。その中で、導入目標量は、2011年度の原油換算21万klから段階的に引き上げられ、2017年度には原油換算50万klのバイオ燃料を導入することが定められました。


2007年度~2010年度



2011年度~2017年度


ページ先頭へ